会の歩み

【平成9年】
障がい児を持つ4家族で「地域で一緒に暮らそう会」を発足
【平成11年】
レスパイトサービスを開始する
※レスパイトサービスとは、障害を持つ人と家族のニーズを合わせて、障がいを持つ人を一時的に預かるサービス
【平成15年12月】
特定非営利活動法人格取得する
「特定非営利活動法人 地域で一緒に暮らそう会」設立
代表理事に大野晴美就任  会員数19名

【平成16年4月】
「きらきらはうす」開設
指定居宅介護 指定児童デイサービス レスパイトサービス事業開始
【平成18年10月】
指定短期入所(ショートステイ) 指定重度訪問介護 指定行動援護 地域生活支援事業開始
【平成19年4月】
代表理事に安藤由美子就任
【平成22年4月】
指定共同生活介護事業開始
平成21年度北海道森林整備加速化・林業再生事業の木の香るまち等施 設整備交付金助成によるケアホーム かのん(花音)開設 ・指定相談支援事業開始

「地域でいっしょに暮らそう会」が初めて発足したのは平成9年、そして、レスパイトサービスを開始したのが平成11年、また、特定非営利活動法人格を取得して、「きらきらはうす」を開設したのは、平成16年4月、そして何よりも社会福祉法人の設立に向けて移行したのが平成24年3月。早いもので、平成30年度は、社会福祉法人に移行し、7年目となりました。

住み慣れた地域で誰もが「あたりまえに」安心してすごせる社会・共に生きるまちを目指して、障がいを持つ人や家族のねがいが叶うようこれからも活動をしていきます。

【平成22年6月】
代表理事に滑川織枝就任
【平成22年7月】
平成21年度共生型基盤事業交付金助成による共生型地域サロン HUG(はぐ)開設
【平成24年3月】
社会福祉法人「地域で一緒に暮らそう会」設立
理事長に佐々木恵美子就任
平成22年度地域介護・福祉空間等施設整備補助金によるケアホームワルツ・すまいるキッチン開設
【平成24年6月】
特定非営利活動法人解散

【平成25年3月】
平成24年度障害者自立支援基盤整備事業補助金によるきらきらはうす増改築と特殊浴槽設備を設置する
平成24年度公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団施設等助成金及び一般社団法人札幌馬主協会助成金の交付にて施設周辺の舗装整備を行う
【平成25年4月】
指定児童発達支援事業 指定放課後等デイサービス事業開始
【平成26年1月】
訪問看護事業開始 ケアホームぽこあぽこ開設
【平成26年2月】
音更町第2子ども発達支援センターてぃくたく開設(音更町委託)
【平成26年4月】
障がい者一般雇用開始
【平成29年4月】
社会福祉施設整備補助金による「地域サポートセンターえがお」開設
指定生活介護・指定就労継続支援B型・児童発達支援(重症心身障害児)・放課後等デイサービス(重症心身障害児)